保険見直しのアドバイス

保険相談のプロ保険を決める際には、保険金を受け取る場合には少しでも多く受け取りたいとか少しでも手厚い保障を受け取りたいとあれこれオプションをつけてしまいがちです。しかし、本当にその保障が必要であるのかをしっかりと検討する必要があります。世帯主が死亡した時には遺族年金が受け取れますし持ち家のローンを支払い中で団体信用保険に加入していれば住宅ローンの残金を保障してもらえます。そこで、不要な保障内容や必要以上の保険金を受け取らないように切り替えるだけでも、他社の商品に切り替えなくても十分に保険料が安くなりより家計にあった保険に切り替えられることもありますから、まずは現在加入している保険での見直しから始めることがお勧めです。同じ保険会社であれば、今加入している保の内容を引き継ぐこともできますから安易に保険会社を変えることを考えると失敗することがありますから気をつけましょう。

また、最近は無料で保険相談をしてもらえます。プロだから安心と思われがちですが、その意見には個人の主観も含まれていることに注意しましょう。後悔をしないためにも、説明を受けて内容に気になる点がある人や価値観が合わない人はセカンドオピニオンとして他の人に相談をしてより納得出来る意見を得るようにしましょう。

保険見直しのポイント

保険の見直しを行う保険の見直しをする際、多くの人が希望することが保険料が安くなることと受けられる保障が手厚くなることです。そのため、保険料が安くて新商品で保険料が安くなおかつ受けられる保障内容が良くなれば、その保険に切り替えたいと思うものです。しかし、必ずそうなるとは限りません。特に他社の保険に切り替える際、それまでに支払っている保険料は戻ってきません。ですから、新しい保険に切り替える場合にはトータルで得となるプランであるかを検討する必要があります。

保険を切り替える際には、このような保険料が最終トータルとして得であるかを確認しないと結局は損をしていることもあります。特に、新しい保険会社やマイナーな保険会社は大手に負けないように保障の内容がとても充実したものを打ち出してきたり、大手より保険料が安くて同等の保障が受けられるものがあったり、定期的に返戻金が受け取れたりといったものがあります。しかし、このようなサービスを行うためにはかなり無理をしている企業もあります。そこで、加入している中で保険会社が倒産してしまうこともあります。もちろん倒産してしまうと支払った保険料は受け取れません。そこで、きちんと保険料が受け取れる企業であるかということも含めて検討する必要があります。

保険見直しの必要性

保険について保険というものは入ったら完結するものではありません。加入後に生活状況が変わることは多々あります。結婚したり子供が生まれたりといったこと以外にも、仕事が変わったり給与の受け取り状況が変わるということもあります。特に、ここ数年は不況の影響で終身雇用制も年功序列制も崩れつつあります。一生同じ会社で働くことのできる保証もないですし、給与も勤続年数に応じて上がるものではないのです。そのため、加入時に支払えていた保険料が支払えなくなることもありますし、受け取りたい保険料が変わることもあります。また、保険会社も新規顧客獲得と既存の顧客の満足度を上げるためにも新しい商品を定期的に販売しています。そのため、場合によっては自分や家族によりあった商品が販売されることもあるので定期的な見直しをすることは節約になったり受け取る保険料や保障内容が充実して得をすることもあるのです。

このように保険を見直すことは得をすることでありメリットだらけに感じますが、決してそうではありません。加入内容や保険会社を変えたことで損をしてしまうこともあります。また、保険というのはとても複雑なものですし、保険を決めるためには家計や先々のマネープランも含めて検討する必要がありますからしっかりと勉強をして決める必要があります。保険見直しをして、新しいものに切り替えてから後悔しては遅いですから、ここでは見直しをする際に後悔をしないために注意すべきポイントについて紹介をしていきます。