保険見直しの必要性

保険というものは入ったら完結するものではありません。加入後に生活状況が変わることは多々あります。結婚したり子供が生まれたりといったこと以外にも、仕事が変わったり給与の受け取り状況が変わるということもあります。特に、ここ数年は不況の影響で終身雇用制も年功序列制も崩れつつあります。一生同じ会社で働くことのできる保証もないですし、給与も勤続年数に応じて上がるものではないのです。そのため、加入時に支払えていた保険料が支払えなくなることもありますし、受け取りたい保険料が変わることもあります。また、保険会社も新規顧客獲得と既存の顧客の満足度を上げるためにも新しい商品を定期的に販売しています。そのため、場合によっては自分や家族によりあった商品が販売されることもあるので定期的な見直しをすることは節約になったり受け取る保険料や保障内容が充実して得をすることもあるのです。

このように保険を見直すことは得をすることでありメリットだらけに感じますが、決してそうではありません。加入内容や保険会社を変えたことで損をしてしまうこともあります。また、保険というのはとても複雑なものですし、保険を決めるためには家計や先々のマネープランも含めて検討する必要がありますからしっかりと勉強をして決める必要があります。保険見直しをして、新しいものに切り替えてから後悔しては遅いですから、ここでは見直しをする際に後悔をしないために注意すべきポイントについて紹介をしていきます。