保険見直しのアドバイス

保険を決める際には、保険金を受け取る場合には少しでも多く受け取りたいとか少しでも手厚い保障を受け取りたいとあれこれオプションをつけてしまいがちです。しかし、本当にその保障が必要であるのかをしっかりと検討する必要があります。世帯主が死亡した時には遺族年金が受け取れますし持ち家のローンを支払い中で団体信用保険に加入していれば住宅ローンの残金を保障してもらえます。そこで、不要な保障内容や必要以上の保険金を受け取らないように切り替えるだけでも、他社の商品に切り替えなくても十分に保険料が安くなりより家計にあった保険に切り替えられることもありますから、まずは現在加入している保険での見直しから始めることがお勧めです。同じ保険会社であれば、今加入している保の内容を引き継ぐこともできますから安易に保険会社を変えることを考えると失敗することがありますから気をつけましょう。

また、最近は無料の保険相談窓口があるためにそのような窓口で相談する人も多くいます。プロだから安心と思われがちですが、その意見には個人の主観も含まれていることに注意しましょう。後悔をしないためにも、説明を受けて内容に気になる点がある人や価値観が合わない人はセカンドオピニオンとして他の人に相談をしてより納得出来る意見を得るようにしましょう。